青木寺とは奈良時代の悲劇の帝相長屋王が、父高市皇子の冥福を祈って建てたと言われている寺院

法栄寺の近くの山中に瓦・供養塔等だけが現存している廃寺です。

法栄寺ではこの廃寺青木寺を偲び毎年6月に法要を厳修しております。

今年は6月9日14時からとなっておりますので、お誘いあわせの上お参りください。