桜井市にあります談山神社に仏像が一体だけ安置されているのです。

その仏像が鎌倉時代に作られた如意輪観音坐像です。そんなに大きくないのですが、彫は確かで

綺麗なふっくらとした作風です。

なぜ神社に仏像が?とお思いの方も多いでしょう。談山神社は今でこそ神社ですが明治期に神仏分離令が出るまでは

多武峯妙楽寺という名刹だったのです。

この妙楽寺には増賀上人という平安期に有名な僧侶がおられます。増賀上人は貴族出身で比叡山の名僧としても有名でしたが、

隠匿者としても一流で、牛に乗り干魚を腰に差す姿が今でも絵巻に残っています。

昔からのそんな時代も考えながら、秘仏公開に詣でられてはいかがでしょうか

秘仏公開について詳しくは→こちら